食べられる多肉植物

通常は「観賞用」なんでしょうが、中には食べられる多肉植物なんてのもあります。

アロエベラ

ヨーグルトとかに入っているのはこれ。ビジュアルもなかなかで、観賞用としても。鉢植えでよく見るキダチアロエも食べられますが、アロエベラのが肉が採りやすい。また、アロエベラを除いたほとんどのアロエワシントン条約とやらの規制で、輸出入に制限があるはず。しかし、日本国内での移動、栽培であれば、それは気にしなくて良い。アロエベラを除いたのは、食用だから(大人の事情っていうか...)?

※バーバンクウチワ

「トゲがない」とされるけど、実際はあるそうです。ホムセンや花屋ではほとんど出回っていません。ネットで。

※ドラゴンフルーツ

意外とサボテンの仲間なんです。苗も日本で出回っていて、普通にサボテンとしても育てられますが、収穫まで考えるんなら、白肉がオススメ。赤肉は受粉関係が...。ただし、ホムセンや花屋ではほとんどなくて、ネットでの入手になるかと思います。あと巨大化します。ウイルスにも弱い?モザイクが入ってる株は選ばない。でもネットだと自分で選べませんからね...。

※サラダ菜

おそらく夏に腐ります。

グラパラリーフ

朧月の食用版。紫に変わった頃が食べ頃だとか。「青リンゴみたいな風味」って言われますが、すっぱい。

アイスプラント

シオーナとかいう名前でも出回っていますが、栽培は植え替えが失敗しやすく、また夏に枯れます。そんなに塩味もしないような...。スーパーに出回っているのさえ...。人工的に塩水をやらなきゃいけないっていう噂らしいですが。




アメリカだったかのツアーで、草原や荒野を歩くっていうのがあって、そこでサボテンを食べる企画があったと思います。あれもウチワサボテン。

※しかし、身近にある多肉植物について、分からないのなら食べない方が良いでしょう。

※食べないのなら、観賞用になります。

※そんなにおいしいものではない、いずれも。