「懸念」って、「そうなるかもしれない」って時に使う言葉(能登半島地震)/近所の梅

能登半島地震で特に大きな被害を受けた石川県内の6市町で、発災から2カ月で1400人超が別の自治体に転出していたことがわかった。転出には至っていないものの他の自治体に避難している被災者も多く、今回の地震をきっかけに人口流出に拍車がかかることが懸念されている。

1日時点で6市町に出された転出届の集計(速報値含む)によると、1月と2月の転出者数は計1449人。昨年同期の計602人に比べて2・4倍となった。地震が起きた元日時点の6市町の人口(11万9650人)の約1・2%にあたる。  1~2月の転出者は多い順に輪島市417人(前年同期196人)、七尾市405人(同200人)、珠洲市240人(同45人)、能登町163人(同57人)、志賀町129人(同82人)、穴水町95人(同22人)だった。  また、石川県は1日、2月1日時点の県内の人口は110万6278人で、地震発生の元日時点から1570人減になったと発表。内訳は死亡が出生を上回る自然減が1030人、転出が転入を上回る社会減が540人で、1971年4月の調査開始以来、自然減は過去最大、社会減は1月の数値としては過去最大だったという。  大森凡世(かずよ)・能登町長は朝日新聞の取材に「ショックだ。生活の場を少しでも早く提供しない限りはこの状況は変わらない」と危機感をあらわにする。(ヤフー)

 

「懸念」ってたぶん、「そうなるかもしれない」っていう時に使う言葉で、この場合、実際にもうそうなってるよ、って話。

 

だって、こんなにも※地震やら※雪やらが続いたら、誰だって嫌になりますよ。「自分は残るけど、でも若い人には別の安全な場所で生活してほしい」っていう人もいます。

 

まあ、「ショック」も何も分かってたことで、特に石川県の場合、宝達志水町以北は、基本的に全部「人口減」の状態。それも地震前から。

 

また「観光!観光!」言ってたり、言おうとしてるが、七尾や輪島もそれなりには観光地抱えてるのに、ずっとパッとしてこなかったでしょ?って。

 

ただ、「人口減少」ってのは、意外と金沢市も例外じゃなく、最近は頭打ち、どっちかと言ったら減る傾向が見られるんです。それに全国的に見ても、もう「全市町村人口減」みたいなところはあって、※愛媛県や※高知県山形県なんかはそういう傾向ありません?まあ、タイミングによっては、1ヶ所か2ヶ所、増える時もあるかもしれませんが...。

 

まあ、あの夕張は、能登以上に「人口減少」「過疎化」みたいな問題は酷いですが...。最近はもう、誰も話題にもしなくなって...。

 

 

この前公開したこれ...

 

 

実はこんなことになってたんだそうです。

 

たぶん、「東日本大震災」のイメージから、「津波にさえ気を付ければ地震は大丈夫」ってイメージがあったんでしょうが、実際は津波だけが問題じゃなかったわけです。山や高台であっても、※土砂崩れや※道路寸断※建物の倒壊ってのはあったし、街の中は火事って問題もある。「高台だから安全」ではないんです。その東日本大震災も、「東日本大震災 藤沼ダム」で調べれば分かりますが、山の方でも結構大きな災害が起きてる。

 

 

近所で梅が咲いてました。もう庭や近所が僕の行楽地になってて、前から言ってるように「ちょっと和風な庭」にしたいな、と思ってるんですが、梅はもってこいの木。でもないんだなあ...。やっぱり意外と管理が難しいから...。

 

 

 

 

 

 

農家でもお手上げ?「オージープランツ」

たまにはまる人がいる「オージープランツ」。ただ、「難しい」っていうのが相場。まあ、「難しい」っていうよりかは、「日本の気候に合わない」んです。

 

※冬

 

寒さに弱いのが多い。ただ、実際は何らかの観葉植物が冬越しできるんなら、オージープランツもできるはずです。でもやっぱり「観葉は冬越しできるのに、オージープランツは...」ってなりがちなのかなあ?

 

※梅雨~夏~秋口

 

鬼門。「日本の夏」ってよく「高温多湿」って言われますが、まだ「高温」だけなら、それも30℃ぐらいなら大丈夫なんですよ。でもそれが35℃や40℃になったらさすがにきつくなってくるものも出てくるし、やっぱり「多湿」ここが駄目なんです。水は、乾いたらできれば朝か夕方、できるんなら夜、そんな時間帯にやると良いです。良いですっていうか、そうするしかない。あとは枯れた葉っぱや花を取ったり、切り戻したり、鉢なら、「涼しいなあ」って思うようなところに動かしたり、でもまあ、それでも枯れます。だから「難しい」って言われるんですが...。

 

※カンガルーポー

 

「オージープランツ=難しい」の代表格。病気にはなるわ、夏も冬も駄目だわ、とにかく手が掛かります。いや、掛けても枯れるけど。最近では何か農家もお手上げらしく、そんなには作られなくなってるらしいです。たぶん、栽培自体はできるんだけど、金や手間暇が掛かる割りには、そんなには利益は出ない、ってのが理由なんでしょうが。これが胡蝶蘭や菊とは違うところ。カンガルーポーは、その姿がマニアック過ぎて(だからはまる人がいるんだけど)、胡蝶蘭や菊ほどには需要がないんです。

 

ミモザアカシア

 

ハーブとかよく植えてる庭にも、意外とあったりします。「アカシア蜂蜜」っていうのは、これの蜂蜜じゃなく、ニセアカシアっていう植物の蜂蜜です。でもあれは「植えてはいけない」の常連。何故なら、意外と増えるから。

 

ユーカリ

 

「オーストラリアと言えば」の代表格。でも日本で育てるんならポポラスぐらい。あとは枯れたり、どっかで消えたりしやすい。

 

※バンクシア

 

2、3種類は育てやすいらしい(名前は忘れたけど...)。でも15年ぐらいで株の寿命が来て、枯れるとか。それを長いと思うか、短いと思うかは、それぞれの価値観。

 

※カリステモン。

 

「ブラシの木」。意外と育てやすいらしい。花は切り花にもなるとか。なのに、いまいちパッとしないというか、マイナー感はある。やっぱりその姿が独特だから、マニアックなのかなあ(だから、好きな人は好きなんだけど)?

 

※帝王貝細工

 

「ムギワラギク」。特徴は※カラフルさと※花のカサカサ。これは割りとメジャーかなあ?だけど「オージープランツ」っていうイメージは薄い。

 

※キンギアナ

 

蘭。これも「オージープランツ」っていうイメージは薄い。あくまで「蘭」。ただ、「蘭」としても、胡蝶蘭やシンビの影に隠れてる感じ。やっぱり花もちが悪いのと、胡蝶蘭やシンビみたいな華やかさがないからなのかな?

 

※クラスペディア

 

「ゴールドスティック」。

 

 

これ、ほしいんだけど、なかなか売ってなくて...。あくまで「切り花」のイメージなのかね?いや、「切り花」としてもマイナー感あり。何か※寒さにも※高温多湿にも弱いらしいですが、カンガルーポーとかよりは育てやすいとか。寒さに関して言えば、そんなには気にしなくて良いレベルみたいなんですが(石川や富山の平野なら、外に植えても良いレベル)、やっぱり高温多湿が...。

 

フランネルフラワー

 

これ、ホムセンで意外と見ます。やっぱり「オージープランツ」ってイメージが薄いけど。でも日本の気候には合ってない。だから「買っては枯らす」ってパターンになりやすい。

 

※ハツコイソウ

 

「オージープランツ」ってイメージは薄い。フランネルフラワーほどじゃないけど、ホムセンでも出回ってます。しかしこれもよく枯れる。「買っては枯らす」のパターン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応急危険度判定「黄色」罹災「準半壊に至らない(一部損壊)」の実態

家のあちこちに大きな裂け目ができているほか、床はビー玉を置くと転がりだすほど傾いています。とても住める状態ではありませんが、り災証明書のための被害認定では「準半壊」と判定されました。(ヤフー)

 

うちは、応急危険度判定は「黄色」、罹災は「準半壊に至らない(一部損壊)」でした。ちなみに応急危険度判定は、実際に庭で人と会いました。曰く「緑に近い黄色」だとか。

 

これです。

 

 

「基礎の一部ずれ」。ただ、そんなには深刻には考えていなかったようです。

 

実は他にも

 

 

壁のめくれや

 

 

廊下の隅に隙間ができてしまって、なんと地面が見える始末(苦笑)。

 

これで、「黄色」「準半壊に至らない(一部損壊)」です。

 

まあ、確かに「無傷」とは言ってないからな(笑)。それにやっぱり「政治」とか「大人の事情」ってのもあるんでしょうし...。

 

緑でも、「戸が開かない」そうです。でもまあ、緑も「被害が少ない」ってだけで、やっぱり「無傷」とは言ってない。

 

ちなみにボランティアがくれました。

 

 

あと穴水町役場周辺の被害。

 

 

駐車場。崩れたんです、これ。今は土砂や木や車は撤去されましたが、何だか上に残った木が怖い...。

 

 

出入り口もガタガタ。「出入禁止」となってますが、実際は隣から入れます。

 

 

役場の対岸。こっから少し離れた商店街や穴水駅周辺は、もっと酷いです(2007年の能登半島地震でも)。

 

「罹災」と言えばこんなニュースも...

 

石川県珠洲市では、能登半島地震による住宅被害の程度を調べる1次調査が21日までにほぼ全て終了しました。 22日から1次調査で要請があった住宅について、被害の程度を詳しく調べる2次調査が始まっています。 珠洲市三崎町の漁師 蟹谷博樹さん(60)も2次調査を要請しました。 【長崎県の応援職員】 (天井付近を指さしながら)「(水が)上まできているんですね」 【蟹谷博樹さん】 「色がもう変わっている」 市の1次調査では住宅の被害判定が困難とされたため、22日、長崎県から応援にきた職員がどこまで浸水したかなど住宅内部の被害を改めて調査しました。 【蟹谷博樹さん】 「うちには2メートル50センチほど津波が入ってきた。全壊にしてもいいんじゃない?津波も(家に)入っとるんやし。皆さん、周りの人もみんな言っとるよ。(市は)何を考えとるんやと。津波が入ってきたらもう全壊やろと。それを半壊やとか、そんなことを言うから市民が怒るんや。早いところ、なんでも復旧は急いでほしい。こんな状態やもん。何もできん」 珠洲市によると、津波による被害や被害判定に不服があった住宅、数10棟が2次調査の対象となっていて、来月末までの調査完了を目指すということです。(石川テレビ

 

でもこの人の家、動画で見ましたが、「全壊」じゃない気がする。

 

 

災害ゴミ、持ってってくれました。岡山から来たみたいですね。でもあの職員が着てるジャンパー?ほしいなあ...と思って。前に行った能登ワインの職員も似たようなの着てて、もしかしてワークマンとかに売ってるんですかね?「どこで売ってたんですか?」とは聞けないんだなあ...「内弁慶」だから...。

 

手前の白いワゴンは、水道。こちらは神戸らしい。まあ、うちは井戸なんで無関係ですが...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに「嫌なら見なければ良い」はず

マスコミの「感動をありがとう!」が、実はとってもヤバい理由

 

っていう記事がネットにあるんですが、結局は、視聴者や読者が求めるから、マスコミもそういう記事を書いたり、番組を作ったりするんです。例えば24時間テレビなんてのは、ネットでは「そんなもん見ねー」って人が割りといますが、実際の視聴率は意外と高い。「嫌なら見なければ良い」んです、本当に。それ言ったのは、「フジテレビ」じゃなくて、「フジテレビに出てたあるタレント」なんですが、奇しくもそのタレント自体が、自分の番組をなくしてしまった。理由は明らかに「視聴率の低迷」で。

 

ある人は言いました。「誰も見なきゃ新聞テレビは潰れる」んだと。例えそれが大手でも。実際そうでしょう。

 

 

穴水町石材(見るだけ)

 

 

これってこういうデザインなんでしょうか?錆も想定のうちっていうか...。

 

 

 

あっち見たらもうこう。

 

 

僕は庭に石運んで、あとはノウゼンカズラをシンボルツリーにして、ちょっと和風な庭にして終わり。灯籠とかは、地震で倒れるので嫌です。現に近所でも倒れたし...。

 

 

 

 

 

「地震の影響」で「生徒が集まらない」のではなく、「金沢一極集中(と私立人気)」への前兆じゃないの?/「珠洲モデルの恒久仮設」

珠洲市の中学生」っていうと、そのほとんどが緑丘中学校っていうところの生徒なんだけど、その緑丘中学校について、今朝の北國に...

 

「3分の1以上が 金沢市の私立高校や公立高校に」っていう話が載ってて、やっぱり厳しいなあ...って思いました。まあ、「地震の影響」ってのもあるんでしょうが、実はこういう話って、今回突然始まったってわけでもなく、例えば去年の入試でも、隣の能登町の松波中学校っていうところでは、卒業生30人に対して、少なくとも7人が「中学卒業と同時に地元を離れた」ようです。「アクタス」っていう雑誌があるんだけど、それの2023年9月号を見れば分かります。

 

しかも「生徒が集まらなかった」のは、何も能登地区だけじゃなく、加賀市小松市金沢市の公立高校でも、そういう学校、たくさんあります。おそらく、能登地区や加賀市小松市辺りでは、「地元よりも、金沢」っていう考えが強まってきてはいるんだろうし、金沢市金沢市で、「私立なら私立で良い」っていう考えが強まってきてるのかもしれません。前は、「私立は公立の滑り止め」っていうイメージがあったらしいですが。でもまあ、それでも一応公立にも、願書は出すって生徒も多いんでしょうが、入試当日、来ない生徒も結構いるそうです。学校によっては、何十人と欠席者が出るそうです。だから実際の倍率はもっと低いと。

 

今は学校関係の話で書きましたが、これは学校関係に限った話ではないと思うし、「能登の復興」って言いますが、それをするのなら、「地震」のことだけじゃなく、「金沢一極集中」みたいな、「地震」以外の理由もセットで考えなきゃいけないわけ。ただ、その金沢でさえが、最近は人口が減りつつある、っていうか、曲がり角なんじゃないか?っていう話もあります。

 

「松波」って言えば、能登町の人が、その松波~鵜飼まで車で走ったんだそうです。その時の動画がネットで公開されたんですが、まあ、酷い。特に南黒丸~鵜飼。道の両脇、家や納屋がバタバタと倒れてる。建ってる家も「赤紙」だったり。あれはやっぱり、津波というか、もう地震の段階でやられてたんですよね。「地震発生時の動画」っての見れば、それが分かる。そんな中で、その北國に「珠洲モデルの恒久仮設」って記事があって、2年が過ぎても、本人が「いたい」と希望すれば、ずっといることができる、そんな仮設も良いんじゃないのか?っていう話だったんだけど、僕もそれは一つの案としては良いと思います。もちろん、そうするのなら、それ相応の作りにしなきゃならないって話なんですが、もう一つ。その場合、希望者全員が入れるようにしなきゃいけないってこと。もし「入れる人」「入れない人」ってのが出てきたら、必ず「不平」が出てくるし、これは珠洲市ではないけど、ある避難所では「避難者の不平」ってのを理由に、怒号が飛び交うような場面ももうあったっていう話。「地元にはいたいけど、前みたいな家は建てられない」っていう人向きでしょう。できれば、駐車場や家庭菜園も、付けてあげてほしいです。

 

 

 

 

 

 

トマトは「夏野菜」?(トマトショック)/梅に日本水仙に「冬の花」

食品や調味料の大手メーカー・カゴメは、今月から、トマトケチャップなど食品の出荷価格を最大16.4パーセント値上げしています。 さらに、トマトジュースなどの飲料については、最大で13.6パーセントの値上げです。 背景の一つには世界的な猛暑でトマトが不作となったことがあります。(ヤフー)

 

「トマト」や「ミニトマト」って、「夏野菜」ってイメージが強いけど、実は「夏が好き」なわけではないらしい。だいたい30℃ぐらいまでは大丈夫なんだけど、それより高いと、どうも調子を崩すことがあるとか。もっと言えば枯れる。事実、去年の夏は、うちも近所もありとあらゆる野菜や花、果物が枯れたり、弱ったりしました。例外は※シソ※オクラ※ミソハギノウゼンカズラぐらい。35℃や40℃が日常茶飯事だったので。

 

あと、「イタリアン」ってイメージもあるんだけど、実際の原産地は地中海沿岸とかではないらしい(ちなみに同じように「イタリアン」ってイメージがあるバジルも別の場所らしい)。

 

でもまあ、それでもやっぱり、トマトやミニトマト(特に後者)は、「家庭菜園の定番」っていう位置付けなんだろうし、今年もまあ、作ります。しかし、「アイコ」や「無名苗(ミニトマトとしか書いてない)」は割りとなるんだけど、値段が高めのブランド苗?って毎年毎年ならないんです。理由は不明。だから今年も「アイコ」や「無名苗」で。

 

 

八重咲き日本水仙?って言われてるけど、本名?は不明。この辺りでは、こういう

 

 

日本水仙よりも、八重咲き日本水仙?のが多いです。でも僕はこっちのが好きなんだなあ...。

 

 

 

梅。「うちにもあったらなあ...」と思いながら、実は管理が大変ならしいので、僕は「見るだけ」。「植えてはいけない」っていうノウゼンカズラなら、まだ管理できるんです。でも梅は...。

 

もっとも、やっぱり「若干和風」「何となく和風」「どっちかと言えば和風」みたい庭が好きなのかなあ?って。かといって、バッチリ和風にはしないで、洋風でも好きな花があれば植えるし、野菜や果物も植えていきます。

 

あと...

 

 

少し離れた場所に、亀裂が入ってて...

 

 

横がどさっと落ちてるんです。でもこれ、この後、余震や雨で、更にどさっと行く恐れもありますね。だからここ、これから通らないようにしないと...。